事業計画



55周年実行委員長   加藤 貴士

<基本方針>
創立55周年を迎えるにあたり、脈々と先輩方が活動の灯を燃やし続けてこられた歴史と地域の方々や同志に支えられてきた事に感謝し、これからも武生青年会議所が、地域の樹の様に成長し、地域がより良くなる為の新たな種を蒔き続け、運動の花を咲かせていかなければなりません。そして過去を想い、未来を創造する不変の想いを継承し、気概と情熱を持って実直に地域を変えていく力として歩む武生青年会議所の方向性を示していきます。                              

<重点目標>
1.常に気概と情熱を持ち時代の先駆者であり続けた先輩諸氏や、支えて頂いたすべての方々への感謝の意を表した記念式典・祝賀会を行います。                                                                                
2.一人ひとりの力が地域を変える原動力である事を実感する関連事業を行います。                                      
3.50周年ビジョンを検証し、未来は自身で切り開き次代へつないでいく55周年ビジョンを示します。                                        

<運営方針>
1.スケジュールを確実に周知し、資料取り纏めを行い円滑で活発な議論が交わせる委員会運営を行います。                                        
2.情報の共有と進むべきベクトルを意識共有しながら、会員一人ひとりが55周年事業の当事者である気概を持ち行動します。                             

 


総務委員会 委員長   佐々木 一峰 


<基本方針>
 現状、(公社)武生青年会議所における会員の在籍年数は減少傾向にあります。このことは、会員一人ひとりの青年会議所に対する知識や経験の不足を招いています。しかし、限られた時間を最高に実りあるものにできることが、青年会議所の魅力です。                                     
 会員一人ひとりが、意欲的に事業に参加し熱気ある時間を共有することで意識の向上が生まれ、会全体が一丸となると考えます。まずは、総務委員会が模範となる行動を取り、各事業に率先して参加することで会全体の活動の発展となり、次世代に向けた(公社)武生青年会議所の成長へと繋げていきます。                                                                       

<重点目標>
1.褒賞事業を通じ、会員全員の参加意識を増進させ(公社)武生青年会議所の未来の中核を担う人財を育成していく為の土台づくりを行っていきます。                                   
2.入会審査事業において、入会候補者に対し厳正な接し方と審査担当者の公正な判断の基に審査を行います。                                        
3.定款事業を通じ、定款の検証を行い、未来の(公社)武生青年会議所を考えることで会員一人ひとりの当事者意識の増進を図ります。                     
<運営方針>
1.コミュニケーションをしっかり取り合うことによって育まれる団結力と、(公社)武生青年会議所の要としての意識を持って活動します。                                        
2.お互いを尊重し合いながら厳しい意見も言い合える、思いやりのある委員会運営を行います。
3.家族、会社、メンバーの支えがあるからこそ、青年会議所活動ができることへの感謝を胸に、限られた時間を実りあるものにします。                                        


会員拡大開発室 室長   五十嵐 浩

<基本方針>
 我々、青年会議所は、明るい豊かな社会を目指して日々運動しています。このまちをより明るい豊かな社会にするには、我々一人ひとりが地域に必要とされる人財であると共に、地域に期待される強固な組織である必要があります。そこでまず、我々メンバーがこのまちや武生青年会議所に対する誇りを持ち、その魅力を熱く語れるJAYCEEでなくてはなりません。その背中を見て憧れを抱き、自分もそうなりたいと自己研鑽に努める事が青年会議所本来の姿だと考えます。例え高い壁がたちはだかったとしても、慄くことなく共に乗り越えていく仲間を得られえる場もまた青年会議所であります。そのような「世のため人のためが自分のため」という目に見えない価値観を大切にした人財育成に努めて参ります。そのことを踏まえて、まだまだ自分の可能性に気づいていない人財を仲間に迎える事で、人財発掘と人財育成が好循環を生み出し、地域の負託に応えることのできる強固な組織として運動展開ができる武生青年会議所を目指します。                                                                                                                                              

<重点目標>
1.我々の活動や雰囲気を発信する事で、特別会員との距離をさらに縮め、既存会員との関係性の向上につながる記事作りを行います。                                        
2.シニアと語る会を通して、おもてなしと感謝の心で特別会員との絆をさらに強固なものにします。                                        

<運営方針>
1.JC活動や運動の意義をメンバーに伝え、積極的に事業に参加するように導きます。                                        
2.両委員会が連携して協力し合い互いに相乗効果をもたらす室運営に努めます。                                        
3.既存会員と新入会員、それぞれにとことん向きあい、心から話を聴くように努めます。    

 


会員開発委員会 委員長   岡田 与士正
<基本方針>
 新入会員は、毎年さまざまな動機やきっかけで入会してきます。活動や運動を通して、会員が描いていた夢や希望は勿論、それ以上に得ることが出来る団体であり、そこで得られる一番大きな財産は、意識変革することだと考えます。なぜならば、JCの存在意義や目的は、「このまちの為、誰かの為」「明るい豊かな社会」となることを常に目指しているからです。そのことは、私たちの今後の人生に於いても重要な要素であり、継続的に使命感を持って行動している組織に属し、主体的に行動したことがある人とない人では、会社の事業運営にとっても大きな影響を及ぼします。また、数多くの会員との関わり合いの中で、切磋琢磨し合う人間関係の尊さや、JCのプログラムを取り組む過程で自分の身の程を知り、次にやるべき現実が見えてくる。そんな自己成長ができるのもJCの魅力であります。しかし、人の意識を変える、人に魅力を伝えていくには、余程の強いきっかけや動機がなければ変わらないものであるため、私たち既存会員が今一度JCとは何なのかを考え直し、様々な手法を探り繰り返しながら価値や魅力・可能性を伝えていきます。そして、JCで成長した自身と自社の成長は正比例していることを理解させ、JCと仕事は両輪だと伝えていき、日頃の行動から自身を律する重要性を示し、誰もが認める高い品格を備えた地域から必要とされるJAYCEEを育成します。                                

<重点目標>
1.参加意欲を掻き立て、各種事業の目的や意義、事業担当者の想いが伝わる対内広報誌「しろばん」事業を行います                                             
2.新入会員オリエンテーションを通じて、武生青年会議所の一員という自覚を抱かせ、JAYCEEとしての資質を高めます。                              
              
<運営方針>
1.事業の目的や意義・価値を周知徹底し、可能な限り時間をつくる努力を行い、各種事業に参加します。                                         
2.入会時の動機やきっかけを忘れずに、常日頃から支えていただいている方々へ自身が学んだことを示していくことを念頭に置き活動します。                                                                           
3.同士から同志へと絆を深められる委員会運営を目指します。             


「全員拡大」推進委員会 委員長   松ヶ谷 敏嗣

<基本方針>
 (公社)武生青年会議所は明るい豊かな社会を目指し活動しています。少しでもより良い社会を実現するためには一人でも多くの仲間が必要です。何故ならば、会員数が増えれば士気が高まり今まで以上に出会い、学びの機会が生まれその結果、組織の発展となり、更にJC運動を広く発信できるからです。だからこそ、本年度中に100人LOMを目指し、会員一人ひとりが会員拡大に対して高い意識を持ったうえでの「全員拡大」をテーマに拡大運動を行っていきます。この先も(公社)武生青年会議所が地域のリーダーになっていくためにも若い世代の候補者も視野にいれた拡大運動を進めていきます。そのためにも当委員会が率先して拡大運動をするのはもちろんですが、尚且つ「全員拡大」を推進し、全会員を巻き込んで会員拡大をしていきます。                                                                            

<重点目標>
1. 一体感を創りあげ、組織力の強化に繋げます。                                                                          
2.「全員拡大」を推進し、本年度中に会員数を100名以上とします。                                         

<運営方針>
1 委員会メンバー一人ひとりが主体性をもって委員会に参加できる環境を創ります。                                       
2.同室の会員開発委員会新入会員のフォローアップを行います。                                                                               
3. 事業の意義や目的をしっかり伝え、他委員会の事業に積極的に参加します。         


夢輝く人づくり室 室長   谷口 康介


<基本方針>
 我々青年会議所は、一人ひとりが自ら成長の機会を創出し地域の力となるべく、主体となって行動し同じ志を持つ者同士が連携し取り組んでいかなければなりません。それは、地域における人づくりにおいても同様で、次世代を担う青少年や彼らを育てる大人世代が共に手を取り、成長していくことが重要であると考えます。                      
 そこでその実践者として、武生青年会議所会員一人ひとりが自らを律し、市民と共に夢に向かって切磋琢磨することで、このまちに必要とされる人財へと更に成長を遂げ、今後を担う子ども達にとって夢輝く未来を創造していきます。                    

<重点目標>
1.所沢青年会議所との交流を通し、互いの友情を育み、兄弟JCの絆を更に強いものとしま   す。                                        
2.卒業生の経験や想いを継承できる「卒業生を送る会」を開催します。         

<運営方針>
1.各事業の目的を理解し、青年会議所運動に参加するよう促します。          
2.両委員会の交流を図り、多くの気づきを得てもらいます。              
3.室相互の連携をとおして、メンバー同士が多くの情報交換できる環境にします。    


あなたの夢を引き出す委員会 委員長   田中 陽祐


<基本方針>
 現代を生きる私たちの平和で豊かな暮らしは、先人たちが努力を積み重ねて叶えてきた夢の延長線上にある事は言うまでもありません。そして、次代を担う私たちの夢も、やがてくる未来をつくりあげていくのは明らかな事です。しかし、近年の若者たちの多くは、将来の夢を持っていないと言われています。それは、将来が明るく見えないことも然ることながら、日々の暮らしにそれなりに満足してしまい、夢に挑むことをためらったり、叶えられそうもない夢として口に出すことを恥じたりした結果、自分の夢を語ることができなくなってしまっているのではないでしょうか。将来の夢を描かないまま、ただやみくもに生きているのなら、生きがいや生きる喜びを見出すことなどできず、その先にある未来を明るく輝かせることもできません。                                
 だからこそ、可能性のある私たちが、将来の夢を描き、それに向かって自分の能力を開発し、その能力を最大限に活かし邁進していくことが重要であると考えます。未来を担う子どもたちに対し、大人たちそして我々がしっかりと夢を描き、諦めず夢に挑戦することで、自信をもって夢を語り、憧れとなるような行動へと繋げていきます。                

<重点目標>
1.大人一人ひとりが夢を描き、想い続けていく大切さに気付いていただける事業を行います。
2.自分が抱いている夢をより現実的に感じていただける事業を行います。        

<運営方針>
1.委員会メンバーが積極的にJCに参加して頂けるように、明るい委員会運営を目指します。                                        
2.仕事が日々安定して出来ること、家族が自分を支えてくれている中、JC活動が出来ていることを当たり前と感じず、感謝をして委員会運営をしていきます。            
3.青年会議所事業に対し、活発な意見が交わせる委員会運営を目指します。       


おかげさまの心覚醒委員会 委員長   内田 真次


<基本方針>
 我々が住むこのまちも、時代の移り変わりと共に青少年を取り巻く環境の変化に対し、避けては通れない現実があります。情報化の急速な進展は、現代に必要不可欠なものではありますが、昔からある地域一体となったコミュニティーでの繋がりが、無くなりつつあるという現状も問題視される事の一つであります。責任世代である私たちが持つ、親や祖先が培ってきた「人を想い、他に対する感謝の心」すなわち「相手を思いやる心」を今だからこそ子ども達へ伝えていく必要があると考えます。そのために、まずは我々大人がしっかりと襟を正し、青少年を導いていかなければなりません。そして、「感謝の心」と「相手を思いやる精神」を持ち、同志と集い、一人でも多くの子どもたちへ「ありがとう」「おかげさま」と素直に言える大切さを伝えていくことで、この地域の未来を育み、さらなる発展に繋げていくことができる青少年を育成します。                                     


<重点目標>
1.青少年育成事業を通じ、周囲の力に対し「支えられている」と実感できる事業を目指します。                                        

<運営方針>
1.青年会議所活動をはじめ仕事やプライベートでも絆を深め厚い友情を築きます。                                        
2.仲間を想い、多くの事を語り合え、楽しめる運営を目指します。                                      
3.各事業に、学びの姿勢で積極的に参加するように運営いたします。           


まちづくり室 室長   正光 哲二


<基本方針>
 まちづくりに対し人頼りの傾向を感じないでしょうか。このまちが抱える問題や行政の取り組みに対し、市民全員が行動を起こさなければこの住み暮らすまちに希望は持てないと考えます。まずは我々青年会議所メンバーがこのまちを愛し、まちを理解していく事が必要です。また、外国人住民という言葉にとらわれず、市民と共創しなければまちづくりとは言えません。だからこそ我々は今一度、このまちと向き合い、まちづくりに取り組む事が一番の地域貢献であると考え、これからもまちづくりに必要とされる団体組織を目指します。                                     

<重点目標>

1.安養青年会議所の訪問にはおもてなしの心を持ち、お互い強い絆を築ける公式訪問事業を行ないます。                                                                                

<運営方針>

1.メンバー一人ひとりの色を引き出し、活発な意見交換のできる室運営を行ないます。                                        
2.会社、家族の協力に感謝し、自覚を持って活動します。               
3.各事業の目的を理解し、事業に関心を持って積極的に参加するよう促します。                                                                


未来に繋がるまちづくり委員会 委員長   谷 健太郎

<基本方針>
 このまちに暮らす一人ひとりが「明るい未来あるまち」の創造に向けた思いが強ければこのまちは変わります。しかしながら今このまちに起こっている問題の何が原因で何の目的のために何を創るのかという「まちの動き」に関心が薄く思えます。これからの「明るい未来あるまち」を築きあげるには常にこのまちを思う気持ちが必要です。そのためには「まちの動き」を知って頂き、このまちにとって継続的に必要な事業だと市民に感じてもらい事業を続けることが常にこのまちを思う気持ちに繋がると考えます。このまちに暮らす一人ひとりが築きあげる「明るい未来あるまち」を目指します。                        

<重点目標>
1.まちづくり事業を通じて、市民にまちづくりへの関心を深める事を目指します。                                    
2.このまちの市民一人ひとりが創る「明るい未来あるまち」を目指します。        

<運営方針>
1.メンバー一人ひとりがしっかりと事業のことを自ら真剣に考えられる環境づくりをしてい
きます。                                      
2.委員会時間の制限を徹底するなどメリハリをつけ、委員会で集まるメンバー一人ひとりにとって貴重で意味のある有意義な時間だと思っていただけるような委員会を目指します。                                        


がいこくじん も なかよく くらす まちづくり委員会 委員長   寺尾 健一郎

<基本方針>
 私たちが活動するこの地域は、およそ3,100名、人口の4 %近くが外国人住民という、全国的に見ても外国人住民比率が高いまちです。外国人住民が暮らし始めてから20年以上が経過し、制度面では一定の整備が進んできています。しかし、互いの価値観を共有し、対等な地域社会の構成員として友情を深め、共に生きていくという意味においての多文化共生は、必ずしも十分に進んでいるとはいえません。「外国人」と「日本人」という区分を超えて、価値観の違いを理解した上で、同じ市民としての相互理解を深めることが、現存する多くの問題の解決につながるのみならず、このまちの強みになると考えます。このような認識のもと、まずは私たちが外国人住民と積極的に関わることで、地域の生活に根ざした問題を正しく認識し、その解決に向けた一歩を進めていくことを目指します。                           
<重点目標>
1.外国人住民も地域社会を担う対等な構成員であることを理解し、前向きに関わり合おうという意識を高めます。                                    
2.外国人住民と積極的に関わることで、地域の生活に根ざした問題を正しく認識し、その解決に向けて取り組みます。                                 

<運営方針>
1.家族や会社のための貴重な時間をいただいて活動していることを自覚し、メリハリの効いた効率的な委員会運営を行います。                                        
2.委員会メンバーそれぞれの立場・状況の理解に努め、寄り添っていくことで、委員会活動に前向きに関わっていこうという気持ちを醸成します。                                        
3.委員会活動を通じて、外国人住民と積極的に関わることで多様な価値観を学び個人の成長に繋げていきます。