御挨拶

本年は1年間当ホームページをご覧いただき誠にありがとうございました。
来年も(公社)武生青年会議所の事業や活動などをみなさまにお届けしますので引き続きのアクセスをお待ちしております。
本当に1年間ありがとうございました。皆様よいお年をお迎えください。                                 担当 五十嵐

 



事業報告

 

▶12月度例会アワー 褒賞事業~新しいステージの幕をあけるのは君だ!~

















 いよいよ、本年度最後の例会&例会アワーとなりました。1年の集大成となるこの事業では皆勤賞や優秀新人賞、優秀会員賞、優秀委員会賞など様々な賞が発表され、オペラ座を意識した発表会場にはたくさんの笑顔と拍手が鳴り響きました。



▶11月度例会&例会アワー 卒業生を送る会~輝く未来へ~






 本年、9名の卒業生がいらっしゃいました。在籍年数に違いはあっても本気で青年会議所活動に取り組み、これまでの強い武生青年会議所を支えてくれました。そんな卒業生の皆様に熱いメッセージをいただき残るメンバーもしっかりと受け継いで感謝と敬意をもって卒業生を送らせていただきました。

▶11月6~8日 安養JC公式訪問

 












安養青年会議所公式訪問事業
 11/6-11/8は武生青年会議所の姉妹JCである安養青年会議所の公式訪問でした。
今年は韓国から11名のメンバーに来日いただき、3日間大いに交流を図ることが出来ました。
言葉は通じずとも心は通じ、笑あうことが出来るのが何とも不思議で実りある体験でした。
来月、武生から安養に訪問する予定です。



▶10月3日 所沢JC兄弟締結30周年記念事業〜良き友!良きライバル!お互いの友情を常しえに〜

















 本年は、公益社団法人所沢青年会議所と弊団体が兄弟JCを締結して30年を迎えます。
本日は、先輩諸兄が築き上げた歴史の深みや固い友情を再認識し、今後も両団体が有益な関係を築いていくために所沢市へ向かいました。
メイン事業は、西武ドームでのソフトボール大会!!
15時45分からプレイボール!!両団体 混合チーム編成。
好ゲーム♬好プレー♬の連続といいたいところですが、
珍プレーの連続です⤵︎
共に汗をかいて友情を確かめ合った後は、懇親会にて更なる互いの友情を固めました。
最後に、この最高の関係が永続的に続くように祈念いたしまして締めと相成りました。

 

▶10月1日 10月度例会アワー 会員交流事業かけがえのない友情カップ2015











 年に一度の会員交流事業ということで、いつもの正装からこの日だけは動きやすい格好の例会&例会アワーとなりました。今、巷で流行っているバブルサッカーをし,会員同士の更なる友情の輪を広げ、より一層団結力を高めました。想像以上に体力の消耗するスポーツでしたがチームで一致団結しながら無事けが人もなく終えることができました。
 最後にバッジ授与式があり、我々に新しい仲間が2名増えました。これから共にがんばりましょう!



▶9月24日~27日 全国大会八戸大会












 今年は、住まう故郷を愛し、未来を生きる人のために美しく先駆けるJAYCEEが、未来へ向けて夢や希望の抱くことのできる自立自活した地域へ再興し日本再興へと導くことを理念として開催されました。大会3日目には卒業式が行われ、会場となった長根公園には寬仁親王妃信子殿下、麻生太郎先輩をはじめとする数多くのご来賓や会員で1万人を超える人が会場を埋め尽くしました。武生青年会議所からも20名が参加し、4名の卒業生がその花道を歩きひとつの区切りを終えたことをメンバーで祝福しました。
12月までの3ヶ月間、卒業される方と残された時間を大切に過ごし、その軌跡と想いをしっかり受け取りたいと思います。



▶9月3日(木) 9月度例会アワー シニアと語る会







 


 

 


 

 

 

 「シニアと語る会」は、武生青年会議所の卒業生(シニアクラブ会員)と現役会員が交流をする事業です。毎年様々な趣向でシニアの先輩諸兄をおもてなしの心でお迎えし、親睦を深めます。また、(公社)武生青年会議所の次年度理事長予定者のお披露目会でもあります。
シニア会長の小泉先輩の乾杯の挨拶で始まり次年度理事長予定者の大谷恵一くんより来年の意気込みを熱く語っていただきました。新入会員紹介アトラクションでは、先輩諸兄をいたわる、にかけて板割りをしたり、カワラない気持ちで瓦割りを披露しました。最後は渡辺先輩より締めの挨拶をいただきました。「若い我ら」が流れ楽しく終えることができました。

普段なかなか酌み交わせないお酒を交えての先輩との話は全てが勉強です。お忙しい中、ご参集していただきましたシニア先輩の皆様には感謝でいっぱいです。本当にありがとうございました。

 

▶8月30日(日) 福井ブロック大会

 





 8/30(日)サンドーム福井にて、福井ブロック大会が行われました。
福井県下の青年会議所が一堂に会する貴重な会です。
式典では、厳粛な雰囲気の中、福井の青年会議所としての今後の役割、進むべき方向を再確認しました。
また、今村会長から次年度会長の紹介があり、河合理事長が次年度会長として、次年度の抱負を話されました。
フォーラムでは、牧野鯖江市長、鯖江市役所JK課の仕掛け人である若新雄純氏をお招きし、地方創生の新しい形、あるべき姿についてご講演いただき、『ゆるいまちづくり』というキーワードによる、枠にとらわれない市民主体のまちづくりの有効性について学びました。
その後のサバエシティーホテルに於いての懇親会でも、県下全会員がランダムに話せるしつらえとなっており、十分に交流を図ることができました。
武生青年会議所は、来年ブロック会長排出LOMとして、精力的に盛り上げていかなければと感じました。

 

 

▶8月8日(土)9日(日) 新入会員オリエンテーション ~超えろ、自分~

【1日目 Visual future→模擬理事会(協議)→居酒屋の青春】


 








 8月度例会&例会アワー初日は、まず、栃木JCの大阿久 友伸氏をヘッドトレーナーとしてお迎えして、JCプログラムである”Visual future”を受講しJCのみならず仕事や人生のあらゆる分野での方向性と位置づけの手法、社会の中の自分の存在と役割を学びました。
その後、模擬理事会(協議)が開会され、活発な議論が交わされました。
最後には恒例の居酒屋の青春で既存会員と新入会員が更なる親睦を深め1日目が終了しました。
新入会員の皆様はこの後、遅くまで議案の修正をし、2日目の審議に臨みました。

【2日目 模擬理事会(審議)→修了式】











 いよいよ新入会員オリエンテーション最終日です
この2ヶ月間、模擬理事会 審議を受けるために準備を進めてきた新入会員。
成果発表の場は、越前市 行政様のご好意で越前市議会議場です。
越前市民憲章を全員で唱和し、続いてJCIクリードを唱和しました。議場でのJCIクリード唱和という、大変貴重な体験から始まりました。。
普段入ることのできない議場での質疑応答。非常に高い緊張感の中、積極的に挙手をして発言した新入会員にとっては本当に修練の場になったと思います。当日まで本当に遅くまで準備、会議を重ね、さらに審議前日、遅くまで議案修正にあたって寝不足の中がんばった新入会員の皆様本当にお疲れ様でした。
そして、この事業に多大なる理解、ご支援をしてくださいました、越前市役所、市議会議員の皆様には本当に感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。




▶7月18日(土)19日(日)サマーコンファレンス パシフィコ横浜











 7/18と7/19の2日間にわたって、パシフィコ横浜にて行われましたサマーコンファレンスに武生青年会議所メンバー30名で参加してきました。
今年は「イノベーションを起こす思考 すべては未来を生きる人のために~文化と文明が生み出す『底知れぬ力』による日本再興~」がテーマとして掲げられました。世界に誇れる我が国を次世代に残していく為には、我が国の優れた文化と文明について誇りを取り戻し、核心を追求し、日本再興に向け力強く歩みを進めることが必要です。イノベーションはどのようにしたら起こるのかといったことをテーマに、中田英寿氏をはじめ、世界中で活躍する多くのイノベーターによる各種フォーラムが行われ、多くの学びを得ました。また、日本再興には地域再興が不可欠であるとして、地域経営フォーラム他、日本中の各青年会議所から集まった地域再興政策のコンテストの表彰式が行われました。プレゼンターに石破茂内閣府特命担当大臣をお迎えし、全ての政策案は、石破大臣に手渡されました。

 我々武生青年会議所メンバーも、イノベーションを起こす者として、この2日間のサマーコンファレンスから得られる学びと気づきを、これからの活動につなげていけたらと思います。



▶7月11日(土) 地区フォーラム2015 in小矢部
未来への希望溢れる北陸信越の再興~火牛の精神宿る小矢部から起こす新時代へのイノベーション~

 







 7月11日に富山県小矢部市の地において開催された2015年度地区フォーラムには(公社)武生青年会議所からも数多くのメンバーが参加しました。快晴青空の下、会場となったクロスランド小矢部は沢山の人で大盛況でした。
第一部に先立ちまして、福島県いわき市立湯本第一中学校合唱部と小矢部市立大谷中学校吹奏楽部の皆さんによる、未来へつなぐプロジェクト~音楽のちから~と題しまして合唱を拝聴する事が出来ました。とても清く澄んだ歌声には心が洗われる様でした。講演の映像、楽曲のダウンロードはこちらからhttp://miraiproject.jp/

基調講演では木村俊昭氏を講師に迎え、地方創生の動向~先取り政策の実現~と題しまして、これからの地方とはどうあるべきかという、避けては通れない話題を木村氏の実体験を基に、とても解りやすく時には笑いも交えて話されていました。私たちの住み暮らす街は大丈夫だろうかと思いを巡らせると共に、行動に移していくことが大切だと痛感させられました。
第2部は基調講演を受けての地方創生と人口戦略ビジョンと題してのパネルディスカッションでした。パネリストは第1部から引き続き木村氏と北村森氏、今井美穂氏を交えてのものでした。今井氏の女性ならではのきめ細やかな発想、しかし大胆な行動力には脱帽でした。時折見せる北村氏の豪快な発言に会場も盛り上がっていました。
今回の地区フォーラムでは感動そして多くの発見が得られた、とても有意義な1日となりました。




▶7月度例会アワー 誇れるえちぜん創造事業 ~行政とのパートナーシップから生まれる誇れるえちぜんの創造~


 

 







 (公社)武生青年会議所が50周年ビジョンをかかげ3年が経過した本年、ビジョンである「誇れるえちぜん」の創造(http://www.takefu-jc.jp/2015/img/50vision.pdf)を実現するために、行政とのパートナーシップをさらに強くすることを目的として、青年会議所と行政の職員の方とのグループワーク、グループディスカッションを行いました。

これまでも様々な事業において協働してきましたが、さらに、一歩踏み込んでこのまちの未来に向けて歩んでいくことを、改めてお互いに認識し、行動をおこしていく覚悟を持つことができた例会アワーとなりました。

 来年以降も関係を継続し、まちづくりに対しての議論を行っていくために、誇れるえちぜん創造会議からの案も挙げられ、参加した会員全員が、これからのまちづくりに対する熱い想いを再認識し、闊達なディスカッションの場をとおして、行政職員の方との連携を深められたことは、今後の武生青年会議所の活動に必ず有益なものとなるはずです。

今回の例会アワーまでに行政各課の担当者の方との、打合せを何度も重ねました。ご協力いただきましたことに感謝いたします。

誇れるえちぜん創造会議

議長 大谷恵一

副議長 谷川耕平



▶6月20日・21日 in 金華山グリーンランド
ミッションインポッシブル ~冒険の先のThanksキャンプ~ 食材をゲットしろ!

 

 













 日常生活においてあたりまえと捉えることなく色んな人のたちの支えによって成り立っていることを理解し、「感謝の心を育成する」ことを目的に1泊2日のキャンプ事業を開催しました。
小学校4~6年生を対象に47名、武生青年会議所メンバー60名の参加で事業を実施しました。

火おこし ・野菜採り ・魚釣り ・キャンプファイヤー ・徳育ゼミナール  ・発表会  ・竹を使った食器づくり ・テント張り

 2日間、子供たちに大きな怪我や事故も無く事業を無事終えることができました。
この2日間で子供たち同士で力を合わせ、いろんな事にチャレンジして、いろいろな事に感謝し、勉強になったのではないかなと思います。帰るころには、子供たちの顔が少したくましくなったように思います。

 子供たちとキャンプを通じて触れ合う事で我々大人もいい勉強をすることが出来ました。
本当に、ありがとうございました
感謝♪
報恩謝徳♪

美徳あふれる心育成委員会
委員長 上木一範
メンバー一同


▶6月4日
多文化共生事業 みんなで支え合う地域づくり~実はこのまちグローバル!~





 越前市には、全国的に見ても、多い割合で外国の方が住んでいます。そうした中、日常生活における様々な場面でいろいろな「違い」があると思います。その違いをまずは、気づき、そしてそれらを認め合いながら支えあえる関係。そんな多文化共生の地域づくりを目指すために、堀 永乃(ほりひさの)氏をお招きして講演会&トークセッションが行われました。

 当日は多くの外国の方が来場していただき、改めて越前市にはたくさんの外国の方が住んでいるんだなと思ったと同時に、外国の方もこのまちを少しでも良くしたい、より住みやすいまちにしたいという想いを持った方が多いことに気づかされました。
「共生とは、そこらじゅうにある」堀先生の言葉に勇気づけられ、まず一歩踏み込んで、外国の方との様々な壁をとっぱらっていこうと思える素晴らしい事業になりました。
ご来場していただいた、皆様本当にありがとうございました


▶5月16日 
まちづくり事業 地域人財育成プロジェクト~うららがこのまちを耕して開墾するんやざ~!~

 





 3回に渡るまちづくり事業。武生青年会議所の会員以外にも、まちづくりに興味のある様々な方面の方にご参加いただきました。
第1回目は、4/24に講師に金丸弘美氏をお迎えして、「地元の力」と題し、講演を行っていただきました。この講義で地域活性化の多くの事例を学ばせていただきました。
大変具体的な内容の講義であり、活性化に対するヒントを与えられ、自分なりのプランを考えることができました。

 第2回目は、翌日の4/25に、第1回目の講義を踏まえたグループワークを行いました。
各グループで1つの活性化案を作るというお題のもと、越前市だからこそできる活性化案について議論しあいました。
その後も活性化案の完成まで、グループ単位で何度も集まり、議論を重ね、プランを練り上げました。

 第3回目は、グループそれぞれの活性化案の発表の場でした。
情緒深く、自然に恵まれ、伝統工芸もある越前市の魅力を活かした案がそれぞれ出され、どのグループも実現したら面白いという案ばかりで、講師の金丸先生にも大変好評をいただきました。3回のプロジェクトは終了しましたが、それぞれ出した活性化案の実現に向けて、各グループ引き続いて動いております。これをきっかけに地域活性化の輪が拡がっていくことを楽しみにしています。


▶5月7日
5月度例会アワー 
田中克成氏講演会 ~未来のリーダーと共に学ぶ~

 

 


 





講師:田中克成氏
 お蔭様で大勢の皆様とリーダーとしての覚悟を決めるいい機会となり大盛況で終えることが出来ました。ご多忙中にもかかわらず、参加していただきました皆さま、誠にありがとうございました。

自分の惚れた1冊の本をリヤカーに積み全国を歩いて手売りしている。そんな覚悟と情熱を持った男の講演会。田中氏の話を聞いて、覚悟を持てた人が多かったのではないでしょうか。「超えられない壁はない」この言葉を忘れず、覚悟をもって行動していこうと決意ができた講演会でした。



▶4月2日(木)
4月度例会 例会アワー 会員意識向上事業
~想いを轟かせるために~

 

 

 







講師  
日本JCシニア・クラブ
矢口 健一先輩
4月度新入会員16名
 例会では、河合理事長から新入会員の皆様にJCバッチが授与され、武生青年会議所に16名もの新たな仲間が加わり、総会員数も83名になりました。
そして、4月度例会では全会員が出席し、100%例会を達成する事ができました!
例会アワーでは、会員の意識向上を図るために講師に矢口健一先輩をお招きし、なぜ青年会議所が必要なのか?この日本、そして自分達が住んでいる地域のために、我々青年が何をしていかなければいけないのかという事をご講義頂きました。
ご講義の中で最も印象的だったのが、青年会議所に入会する時の動機は、ほとんどの方が「私のために」ですが、卒業の時には「だれかのために」へと変わる素敵な組織だという事です。
矢口先輩、本当にありがとうございました。
気持ちを新たに、会員一人ひとりが意識を向上させて努めてまいります。

 

 

▶3月15日(日)


 

 

 公益社団法人日本青年会議所 北陸信越地区 福井ブロック協議会 主催
「未来の主権者意識育成プロジェクト」
 選挙の重要性を改めて学ぶ事業に参加してきました。
昨年12月に行われた衆議院選の投票率は20代 約33パーセント 30代 約42パーセント 40代 50%。
この事業への参加者は、比較的若い方々であったが、200名のうち9割近くが前回の選挙に足を運んだとの質問の結果がでてました。
今回参加した方々が改めて学んだ重要なことを一人でも多くの方々に広める必要があると感じた一日となりました。
武生JCから出向してこの事業を担当した
副会長 美濃 友樹君 委員 勝木 祥之君 委員 坂川 昌史君
「福井の未来」共創委員会のみなさまお疲れ様でした。

▶3月5日(木) ブロック公式訪問



 

 

 

 

 

 本年度も福井ブロック協議会と、活動や情報などの共有を図り、連携を深め、
魅力ある団体としてたくましく行動していけるよう、公式訪問事業を行いました。
活発な意見交換が行われる中で、改めて我々青年会議所としての役割と意義を考える機会をいただきました。
 例会後に行われた懇親会では和やかな雰囲気の中、普段顔を会わす事ができない各青年会議所メンバーとの幅広い交歓が出来ました。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。


 

 

2月12日(木) [新庁舎建設に係る市民フォーラム]

 



 

[新庁舎建設に係る市民フォーラム]
 新庁舎を中心として、これからの50年先の越前市を考える場となりました。
福井大学の川上教授をコーディネーターをはじめ、5人のパネリストによるパネルディスカッション。
武生青年会議所からは河合理事長も参加し、夢ある語り合いの場となりました。
パネラーそれぞれの意見だけでなく、参加した市民からも意見が出るフォーラムとなり、越前市に賑わいを持たせるためには何が必要なのか、我々一人ひとりが明日のために次世代のために考えていく必要があるということを改めて考えさせられる機会となりました。
詳しくは
越前市ホームページ
[新庁舎建設 基本構想 基本計画 策定について]
http://www.city.echizen.lg.jp/…/shinchosyakihonkoso-keikaku…


2月5日(木) 廣中 邦充氏 講演会



 

 

 

 

 

 お蔭様で大勢の皆様とリーダーとしてこの世に生き抜く人として考えるよい機会となり大盛況で終えることが出来ました。ご多忙中にもかかわらず、参加していただきました皆さま、誠にありがとうございました。
 今回の講演会の内容を皆さまが生き抜くうえで活かしていただければ幸いです。廣中氏の言葉で印象に残った言葉。どんな命にもその姿かたちなりの輝きがある。私は、わたしなりの輝き方で生き抜いていく
「ありがとう」は魔法のひらがな5文字。当たり前のことを当たり前に思わず、当たり前と思えることにでも感謝の気持ちをおらわす。そこから、「信頼」や「絆」が出てくる。もりが苦しんでいる・悩んでいる大勢の人たち、子供たちを救うことに繋がると考える。誰に今、「ありがとう」って伝えますか?肺ガンを患って余命3ヶ月の宣告をされ、自分には残された命の限り伝えなければならないことがあるという鬼気迫る思いが、かわらぬ笑顔の眼差しの奥に感じ取れました。

For you 誰かのために 
〜リーダーよ!原点に返れ!~

次回の講演会は5月に予定しております。

会員一同


 


▶1月24日 京都の地 



 

 

 

 

 

(公社)所沢青年会議所との兄弟JC締結から30年間、様々な交流を行ってきました。
先輩諸兄が築き上げられてきた所沢JCと武生JCの長い友情と歴史を再確して参りました。
本年度で兄弟JC30周年。両LOMで記念式典が開催される予定です



▶1月23・24・25日京都会議



京都会議
本日から京都の地で開催されている京都会議に参加してきました。

京都会議とは
■京都会議の歴史
1966(昭和41)年11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が、日本で2番目の地として京都で開催されました。実は、この年の5月に宝ヶ池に日本で最初の国立の会議施設、京都国際会館が完成しており、そのこけらおとしとなった国際会議として今上天皇皇后両陛下(当時皇太子同妃両殿下)行幸に仰ぎ盛大に 挙行されたのです。そして、これを期に京都は、にわかに国際都市としての顔を持ちはじめました。そして、その翌年の1967(昭和42)年1月20日~22日、公益社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、日本青年会議所のその年度のスタートとなる総会・正副会頭会議・理事会等の諸会議・各委員会が京都で開催され、これらを称して『京都会議』と呼ばれるようになり現在にいたっております。


1月10日 1月度例会&新年賀詞交歓会

 

 


 

 

 

 

【新年賀詞交歓会】
シニアの先輩方や越前市長をはじめとする来賓の方々、関係諸団体に本年度の方向性を理解していただき今後の協力体制を強化し、より一層の親睦を深めました。
この機会に於いて、シニアの先輩諸兄との絆を再確認して、本年度の武生青年会議所のスローガンである「行動こそ真実~知行合一の実践から始まる誇れるえちぜんの創造~」へのスタートとなりました。

新年賀詞交歓会での年頭所信表明



理事長挨拶直前理事長挨拶新メンバー会員拡大報告事項監事講評監事講評監事講評

 

 



【】【

【1月度例会】
2015年度の武生青年会議所の運動の始まりを伝えると同時に53年目の始まりを伝える機会とするため1月例会を開催しました。52年に渡る武生青年会議所の歩みを確認すると共に、53年目の年として理事長が自らの言葉で基本方針を語り、メンバーが本年度の考え方や方向性を改めて認識することは、本年のみならず今後の運動への道筋となりました。そして新しいメンバーも2人加わりました。

 

▶1月6日 理事参拝&理事新年会

1月6日(木)新年祈願

2015年度がいよいよスタートしました!
總社大神宮にて理事会構成メンバーが集合。
正月休暇を終え、新たな一年の幕開けとあって決意に満ちた容貌のメンバー。
凛とした空気の中での参拝を終え、メンバー一同が改めて気を引き締め、河合理事長の「行動
こそ真実~知行合一の実践から始まる誇れるえちぜんの創造~」のもと一年間の活動に対する
決意を固めました。

2015年度武生JCがいよいよ始動します!

▶1月6日 市長表敬訪問


1月6日(木)市長表敬訪問

河合理事長をはじめとする役員が、奈良市長を表敬訪問いたしました。
新年のご挨拶と新体制のご紹介をさせていただきました。河合理事長より現在までの武生青年会議所へのご協力の御礼と本年度、さらなるご協力を賜れるようにお願いをしてまいりました。

また、今後の武生青年会議所の運動の方向性についてのご説明をし、さらなる越前市の発展に向けての意見交換を行なってきました。

今後の行政の展望をご紹介。下記のURLをクリックしてください。

市長ブログ 
http://www.city.echizen.lg.jp/shityou/new-index_2/

平成27年仕事始め式 市長訓事
http://www.city.echizen.lg.jp/office/010/010/room/topics/topics_d/fil/H270105SIGOTOHAJIME.pdf